ドッグフードを使った涙やけ対策の前に、まずは動物病院へ行きましょう

トイプードルは涙やけがよく見られる犬種です。
多くの飼い主さんは目の周りをいつも拭いて清潔にしてあげたり、涙やけに効くとされるドッグフードに変更したりしています。
トイプードルの涙やけが無添加のドッグフードで治るメカニズムを明かす

 

しかし家庭で対策をする前に、まずは動物病院へ行って、ワンちゃんの目に病気がないかどうかを確認してもらいましょう。

 

獣医師に「異常はない」と診察されたり、涙やけ予防をしたりする時、あなたが対策をしてあげる番です。

 

 

ではトイプードルに多い涙やけの原因と、ドッグフードの変更やトッピングをすることで涙やけが改善する仕組みについて説明します。

 

 

トイプードルに多い涙やけとは何なの?

涙やけとは涙が目の縁に固まってこびりつき、まわりの毛が変色してしまった状態のことです。
変色する理由ですが、涙は塩分を含んでいるので細菌の住みやすい場所となりやすく、細菌によって毛が変色するからです。

 

正常な涙の分泌サイクルは、涙が涙腺でつくられて角膜を通して分泌された後、涙点から吸収されて涙小管を通り、鼻に流れ出ていきます。
この分泌サイクルになにか異常が起きて涙の量が多くなったり、涙が吸収できなくなったりすると、涙がたまってこびりつく涙やけとなります。

 

 

涙やけの原因はドッグフードだけではない

ドッグフードを変更すれば涙やけは治ると思われている方もいますが、涙やけの原因となる涙の過多は、目や目の周りのトラブルか?体の内部から有害な成分を、涙で出そうとして起きます。
トイプードルの涙やけが無添加のドッグフードで治るメカニズムを明かす

 

 

目の周りの毛が目に入っている

トイプードルは色々なトリミングスタイルを楽しめますが、目の周りの毛が長い場合は、注意が必要です。
毛が目に入ってしまうと、異物を出そうと涙がたくさん分泌されて、涙やけとなるケースもあります。

 

目に入った毛を取り除くと同時に、毛が目に入らないように短くカットして工夫しましょう。

 

 

結膜炎で炎症を起こしていたり、涙小管が詰まってたりして涙の排泄がうまくできていない

結膜炎は細菌やウイルスの感染、化学物質などによる刺激で、結膜が炎症をおこした状態です。
白目やまぶたの裏側が赤くはれて、涙もたくさん出るため、涙やけとなることもあります。

 

涙小管が詰まる病気は涙小管閉そく症とも呼ばれ、涙が排泄されずに目のまわりに溜まってしまうため、涙やけとなります。
涙やけの原因として一番多いのが、涙小管閉そく症です。

 

どちらも医療処置が必要ですので、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

 

 

有害な成分を体から涙で出そうとしている

人間も含めて動物の体は、体内に入った有害な成分を体外へ出そうとするメカニズムを持っています。
尿や便としての排泄は当たり前ですが、犬の場合は皮膚や涙、そして耳の穴から自分の体に害をくわえる成分を外へ出そうとします。

 

この場合はドッグフードを使った涙やけ対策が可能です。

 

有害な成分とは?
ドッグフードに入っている添加物や着色剤、そして粗悪な肉に含まれる成長ホルモン剤や抗生物質、そして穀類の外側に付いている農薬です。

 

 

ドッグフードやトッピングを使った涙やけの対策とは?

対策のポイントは有害な成分を体に入れないこと、そして体から出しやすくすることです。

 

無添加、無着色の安全なドッグフードを使う

添加物や着色剤が体にとって有害な物質なことは、説明しなくてもわかりますよね。
出来るだけ無添加、無着色のドッグフードを食べさせて、ワンちゃんの体に毒素を入れないようにしてあげましょう。

 

 

人間も食べられるヒューマングレードのお肉を使ったドッグフードがおすすめ

安いドッグフードの原材料には、4Dミートのような粗悪な肉が使われていて、抗生物質や成長ホルモンがたくさん含まれています。

 

このようなお肉を使ったドッグフードを食べると、残留した抗生物質などを取り込んでしまいます。
なので、人間も食べることのできるお肉を使ったドッグフードを使いましょう。

 

 

有害な成分を体外へ出しやすくする食材をドッグフードにトッピング

有害なものを食べさせないのが一番ですが、ドッグフードに不安がある方は食物繊維が豊富な食材をトッピングしてあげましょう。

 

なぜなら体に害のある有害な物質が入ってきたとしても、それが体内に残ることなく、すぐに排泄されれば良いわけです。
サツマイモや昆布、ワカメや大根、リンゴ、シイタケ等は、有害物質を吸着させる力を持っています。

 

TOPへ