美しい被毛を作る栄養素で毛艶アップのトイプードル

トイプードルは、愛らしい外見から飼いたいペットランキングでは、いつも上位にランキングしている人気のワンちゃんです。

 

特に、ふわふわの毛並みにはいやされますよね。
トイプードルの毛艶にいいオイルを含むドッグフードについて、調べてみましょう。

 

トイプードルの毛艶が悪い原因とは?

愛犬の毛艶がつやつやしていないと気になっている人は、あげている食事に問題があるかもしれません。
ワンちゃんの毛はたんぱく質と脂質でできているので、栄養素が不足すると顕著に毛並みにあらわれてきます。

 

愛犬にとうもろこしや大豆などを原料にしたドッグフードをあげていませんか?

 

ワンちゃんは、植物性のたんぱく質は消化吸収しにくいため、毛まで栄養が行き届いていない可能性があります。
きれいな毛艶をよみがえらせるために必要なのは、良質の動物性たんぱく質と脂質です。

 

ビタミンも毛をつややかに保つために必要な栄養素で、たんぱく質をより有効に活用する手助けもします。

 

栄養が足りていなくて毛艶が悪いワンちゃんは、健康面でも体調を崩している心配もありますので、早々に食事の見直しをしましょう。
食事の他では、ストレスやホルモンバランスの乱れで、毛質や毛並みが悪くなってしまうこともあります。

 

 

食事で体の中から被毛ケアする

被毛をコームでグルーミングしてあげる外からのケアも大切ですが、被毛を作る栄養素をきちんと与えてあげるのが大事です。

 

良質の動物性たんぱく質

愛犬の毛並みを整えるためには、良質の動物性たんぱく質を原料にしたドッグフードを選ぶのがおすすめです。
特に、アレルギーの心配が少なくて毛並みが良くなると評判の、ラム肉や鹿肉、馬肉、サーモンは栄養抜群で低カロリーなので安心です。

 

注目すべきはオメガ脂肪酸

被毛ケアに欠かせない栄養素は、必須脂肪酸とよばれるオメガ脂肪酸です。

 

必須脂肪酸は皮膚の状態を整えて、つややかな毛並みを作ってくれます。
オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸が、バランスよく含まれているドッグフードを選ぶのがおすすめです。

 

ビタミンも毛並みには大切

ワンちゃんの毛並みと皮膚を整えるためには、ビタミンも欠かせない栄養素です。

 

ビタミンAやビタミンE、ビタミンBは積極的に摂りたいものです。
ビタミンBに含まれるビオチンの働きで、たんぱく質がより有効活用されますので、相乗効果も期待できます。

 

 

トイプードルの毛並みのために、まずは食事で改善できることからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

栄養バランスを見直しても毛並みが改善しない場合は、病気の疑いもでてきます。
甲状腺や肝臓に問題があるかもしれませんので、心配な場合は獣医さんの診察を受けてみてくださいね。

TOPへ