真実を明かす@トイプーに穀物不使用のドッグフードは本当におすすめ?

良い穀類は積極的に食べたほうが、ワンちゃんは健康です


最近は、グレイン(穀物)フリーのドッグフードをおススメするサイトばかりですが、本当?って思いませんか?

 

グレインフリー=穀物不使用にもデメリットがあるにもかかわらず、グレイン(穀物)をワンちゃんに与えると「アレルギー」になるとか、「胃腸の調子が悪くなる」とか?はたまた「腸ねん転になる!」まで言い出す始末。
皆さん、実際にグレイン(穀物)について調べたり、ワンちゃんに与えたりして検証したうえで書いているのか、本当に疑問です。

確かにワンちゃんはグレイン(穀物)の消化が苦手です。
しかし、それだけで「ワンちゃんにグレイン(穀物)はまったく与えなくてもいい!」は言い過ぎですね。

 

これだけグレイン(穀物)が悪者にされているのは、一般のドッグフードの主成分として、粗悪な小麦やトウモロコシ、そして米といったものが大量に含まれていたからです。

 

ここでのポイントは、粗悪と大量の2つです。

 

ドッグフードに使われる小麦やトウモロコシ、そして米は粗悪品が多い

 

この小麦やトウモロコシ、そして米は、人間の食品工場で出た絞りカスの部分、つまり養鶏や養豚の飼料となるようなものです。
絞りカスですから、栄養素はまったくありませんが、体に炎症をおこしやすいオメガ6は含まれています。

 

 

ドッグフードに大量の粗悪な小麦やトウモロコシ、そして米が使われる理由

 

なぜ栄養素がまったくない絞りカスの穀類が、ドッグフードに使われているかが、わかりますか?

 

理由は単純で、コストを下げるためです。

 

肉類に比べて絞りカスの穀類は、圧倒的に安い値段で手に入ります。
おまけにドッグフードに混ぜれば、量のカサ増しも出来ますから、一石二鳥です。

 

多くのドッグフードメーカーが、ワンちゃんの健康なんか考えていないことが良くわかりますね。

 

 

「全く栄養がなくて、体に炎症をおこすオメガ6が含まれている粗悪なグレイン(穀物)」が大量に含まれているドッグフードをずっと食べ続けたら、どうなる?

同じ食品を毎日食べると、その食品に対してアレルギーとなります。
いわゆる食物アレルギーです。

 

しかも相手は、オメガ6がたっぷりと入った粗悪品ですから、体が炎症を起こしてしまいます。
炎症をおこした胃腸の中に、消化が苦手な食品が大量に入っていますから、消化不良も起こしやすくなります。

 

これが、ワンちゃんにグレイン(穀物)を与えると、アレルギーや胃腸の調子が悪くなる正体です。

 

 

良いグレイン(穀物)を味方にする

 

大麦や玄米といったグレイン(穀物)は、脂肪になりにくく腸内フローラも整えてくれる優れた食材です。
こうしたきちんとしたグレイン(穀物)を、ワンちゃんの消化がしやすい形で与ることをおすすめします。

 

そのほうがワンちゃんの健康にとってもプラスです。

 

事実、オオカミや肉食動物は、狩った獲物の内臓や胃腸から、グレイン(穀類)を摂取していますし、胃腸の調子が悪いときは、ハーブ草などを食べています。
彼らも肉だけでは、生きていけないんです。

 

グレインフリー=穀物不使用にもデメリットは、こうした部分に出てきます。

 

たしかにグレインフリーは、グレイン(穀物)の不安要素をゼロに出来ますから、安心です。
しかし、一方的に悪者にするのではなく、良いグレイン(穀物)は味方にしたほうがずっと賢いと思います。

 

当サイトは、いたずらにグレインフリーを叫ぶのではなく、良いグレイン(穀物)についても考えていきます。

page top