ワンちゃんにとって人間の食品は危険だらけです

あなたがテーブルで食事をしている時、そばでワンちゃんが瞳をウルウルさせてみつめてきませんか?
そこで、つい可哀そうになって、カレーの中の肉を取り出し与えたりしますよね。

ワンちゃんに美味しいモノを食べさせたい気持ちは、私にもよくわかりますが、ワンちゃんの体にとっては危険な行為です。

 

なぜなら、カレーのルーには、ネギや香辛料が使われていて、成分は肉にもしみ込んでいます。
水で洗い流したくらいでは、取れません。

 

ネギ中毒になると血尿が出たり、香辛料で下痢をしたりいます。
基本は人間の味付けされた料理は、ワンちゃんの体には刺激が強すぎて合いません。

 

あと、人間のお菓子もダメです。
特にお年寄は、「欲しがってるからいいじゃない」のノリで、お菓子をあげたりします。

 

私が実家にワンちゃんを連れて帰った時、ちょっと目を離したすきに、祖母がまんじゅうを食べさせてて、あわてて止めた覚えがあります。
ワンちゃんは甘いものが大好きですから、とても幸せな顔をしていましたが、糖質が多すぎて肥満へ一直線です・・・。

 

特に外出時は、気を付けましょうね。

 

 

まずは飼い主として、ワンちゃんに食べさせてはいけないキケンな食品を、きちんと理解しておきましょう。

 

ネギ類(長ネギ、タマネギ、ニラ、ショウガ、ワケギ、らっきょう、アサツキ、ニンニクなど)

 

ネギ類に含まれるアリルプロピルジスルフィドという物質が、赤血球を破壊します。

そのため、ネギ類を食べれば食べるほど、ネギ中毒となります。
症状として、血尿が出るようになり、ひどくなると溶血性貧血になったりもします。

 

アリルプロピルジスルフィドは加熱しても成分は変わらないため、ネギを含んだ料理にも危険が残っています。
例えばカレーの中の肉だけをあげようとしても、玉ねぎが入っていれば、エキスが肉にしみ込んでいますよ。

 

うっかり食べさせると、ネギ中毒になる可能性があります。

 

他に、ネギ類が含まれている食べ物は、ハンバーグ、チャーハン、牛丼、カツ丼、親子丼、すき焼き、コロッケ、ラーメンなど、たくさんあります。

 

 

消化器を傷つける可能性があるもの (加熱した牛の骨、魚の骨、鶏骨)

加熱した牛の骨、魚の骨、鶏骨は、消化器に剌さる可能性があります。

 

ただし、生の鶏骨は柔らかいですから、新鮮な手羽先は与えても良いと思います。
自然界においても動物の骨を食べているわけですから、カルシウム補給にぴったりです。
我が家のトイプードルも生の手羽先は大好物です。

 

ただ、生の鶏骨と言えども、引っかかる可能性がないとはいえません。
心配であれば与えないことですし、飼い主の責任として考えてください。

 

 

塩分の多い食品 (みそ汁、ラーメン、カレー、ハム、ベーコン、塩、醤油、ポテトチップなどのスナック菓子)

これらの食品は味も濃いですから、ワンちゃんも大喜びするでしょうけど、あまりにも刺激が強すぎます。

 

人間は汗をかくので、塩分を食事として補給しなければなりません。
ワンちゃんは汗をかくところが肉球くらいしかありませんから、塩分をあまり必要としません。

 

上記のような食品を常食すると、ナトリウムの摂りすぎで、心臓に負担がかかるなどさまざまな問題がでてきます。

 

 

香辛料 (唐辛子、コショウ。マスタード、七味唐辛子など)

ワンちゃんは嗅覚が強いため、香辛料など、刺激の強い食品は好みません。

また、食べると胃腸を刺激して下痢をするなどのトラブルが発生します。

 

 

 

 

消化の悪いもの=冷たい牛乳、魚の赤身、いか、タコ、力二、エビなど

消化が悪いと胃腸に負担がかかりすぎ、下痢の原囚になります。

 

 

 

 

 

おかし(ケーキ、ビスケット、アイスクリーム、チョコレート、ポテトチップ、饅頭)

脂質と糖質が多すぎるため、カロリー過剰になって肥満になります。

 

ワンちゃんは甘党なので、おかしの昧になれてしまうと普段の食事に食欲が湧かなくなったりします。

 

とくにチョコレートに含まれるテオブロミンは、心臓や中枢神経系を刺激し、嘔吐や下痢を起こします。
ひどい場合はショック状態になったり、急性心不令になって死亡することがあります。

 

 

生卵の白身

皮膚炎、疲労、結膜炎などを引き起こす昨能性があります。

 

 

アロエ

病気のときにアロエを食べて復調した経験が持つ飼い主さんが、ワンちゃんにアロエを食べさせて腎炎を起こしたケースがあります。
このアロエもお年寄りが、やってしまいそうなので注意です。

 

 

カフェイン

不整脈を起こしたりして危険なので、コーヒーやカフェイン入りの飲み物を飲ませないようにしましょう。

 

 

まとめ

ワンちゃんにとっては、人間の調理された食べ物や嗜好品は、命を脅かす危険性があります。
与えても大丈夫なもの以外は、与えない方が賢明です。





一般に市販されているドッグフードには、危険な原材料と添加物が含まれています。
それらを知識を得て、ワンコの健康を守ってあげましょう。


 
サンプルサイト
ドッグフードに使われているタンパク源である肉の種類と栄養素を説明します。
おすすめは、高たんぱくでヘルシーな鹿肉、馬肉、魚肉です。