「ドッグフード」「手づくりご飯」のどちらがトイプードルに最適かを比べてみた結果

トイプードル

可愛いワンちゃんに、毎日美味しいごはんを食べさせてあげたい気持ちは、飼い主さんの共通の思いです。

 

市販のドッグフード手作りご飯には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

ドッグフードと手づくりご飯のメリットとデメリット

手作りご飯のメリットとデメリット

手作りフードのメリットは、なんといっても原材料を自分で選べる安心があることです。
市販の物に含まれる余計な添加物を、ワンちゃんが口にするリスクも回避できます。

 

また、バリエーションも豊富に作れますので、ワンちゃんもごはんに飽きることがないでしょう。

 

デメリットは、飼い主さんの手間と負担が増えることでしょう。
手作りは日持ちもしないため、こまめに作らなければいけません。

 

また、ワンちゃんに必要な栄養素をきちんと考えて作らなければいけませんので、専門知識の学習も必要です。

 

ドッグフードのメリットとデメリット

ドッグフードは、ワンちゃんの体格や年齢に合わせて作られている物が多いので、ワンちゃんに必要な栄養素が手軽に摂れます。

 

しかも誰があげても同じなので、お母さんが忙しいときでも子供が代わりにお皿に入れてあげられます。

 

しかし安いドッグフードの中には、添加物がたくさん含まれる粗悪な商品もあります。
また好みの激しいワンちゃんは、開封して風味が落ちると食べなくなることもあります。

 

 

「ドッグフード」と「手づくりご飯」を6つの要素で比較

ドッグフード 手作りご飯
栄養バランス ワンちゃんの理想とされる栄養比率は、タンパク質が60%、脂肪が25%、炭水化物が15%です。プレミアムドッグフードは、総合栄養食としてこの理想の栄養比率を持っていますし、必要な栄養を考えて作られています。 ワンちゃんに必要な栄養素と栄養比率を考えた手作りご飯は、飼い主さんが専門知識を持つ必要があります。
安全性 最近のプレミアムドッグであれば、人間が食べられる材料を使っていますし、危険な添加物も使用していませんから、安全です。 飼い主さんがきちんと食材の質を把握できる手作りご飯は、一番安全です。
作る手間 必要な量を測って与えるだけなので、とても簡単です。 人間とは別メニューとして、献立を考えて材料を揃え、調理をおこなうので、とても大変です。
価格 体重3kgのトイプードルにオリジンシックスフィッシュを72g/日、与えた場合の食費は、275円/日です。一か月とした場合は8,250円ですが、人間と暮らすワンちゃんの食費としては妥当ではないでしょうか? 使う材料の種類と質で大きく変わってきますが、ドッグフードの価格は超えることが考えられます。
保存方法 出来るだけ空気に触れないように封をして、冷暗所か冷蔵庫で保存をします。プレミアムドッグフードの開封後の保存期間は、約1か月です。 スープは1回分ごとに冷凍すれば、長期保存可能ですが、調理済みのご飯は冷蔵庫で2〜3日です。
口のケア ドライフードは食べかすが口の中に残りにくいため、歯垢が付きにくいです。(ウェットタイプは、食べかすが残り、歯垢が付きやすいです) ドライフードのウェットタイプと同様に口の中に食べかすが残りやすいため、歯垢が付きやすく、毎食後の歯磨きが必要です。

 

 

 

 

安全性以外は、ドッグフードの圧勝

 

実際は手作りご飯とドッグフードはどちらが多いの?

ドッグフード派が多い

ワンちゃんにドッグフードと手作りフードのどっちをあげるべきか、悩んでいる飼い主さんは多いようです。

 

日本ではドッグフードをあげている人が多いようですが、実は専門家の間でも賛否両論あるようです。
しかし、きちんしたものを選べば、それだけで必要な栄養が摂れるドッグフードは、やはり便利です。

 

最近の飼い主さんは、ワンちゃんの健康を考える人が多いので、穀物不使用のプレミアムドッグフードもとても人気があります。

 

 

両方ミックス派が増えている

ドッグフードだけでは味気ない、バリエーションをつけてあげたい、という人も多いようです。
そんな人たちは、ドッグフードに手作りフードをミックスしてあげているようです。

 

ワンちゃんの喜び方は手作りご飯の方が大きいようで、作れる時だけ手作りフードという人も増えているようです。
ドッグフードの上にトッピングとして簡単な手作りご飯をのせるだけでも、ワンちゃんはとても嬉しいようですよ。

 

 

まとめ

ワンちゃんの健康と栄養を考えて選ぶのはもちろんとして、飼い主さんはやはりワンちゃんの喜ぶ姿を見るのが楽しみのようです。
手作りご飯とドッグフード、あげた時の目の輝きをチェックしてみて、判断するのもひとつの方法ですね。

 

当サイトのおすすめは、ワンちゃんの健康と飼い主さんの手間も考えて「ドッグフード+トッピング」がメイン、そして時間が取れる日は「手作りご飯」です。

 





一般に市販されているドッグフードには、危険な原材料と添加物が含まれています。
それらを知識を得て、ワンコの健康を守ってあげましょう。


 
サンプルサイト
ドッグフードに使われているタンパク源である肉の種類と栄養素を説明します。
おすすめは、高たんぱくでヘルシーな鹿肉、馬肉、魚肉です。