食物繊維の力!ドッグフードの有害物質を吸着してトイプードルの体外へ出す

ドッグフードには、どうしても添加物の不安がつきまとう、という方がいます。

 

あなたが安全面にこだわるのであれば、新鮮な食材を手に入れて、1から調理する手作りご飯が一番です。
しかし、毎食の手づくりご飯は難しいですよね。

 

そんなあなたへ朗報です。
無添加のプレミアムドッグフードを使い、さらにひと工夫すれば、添加物のリスクを限りなくゼロにできますよ。

 

ドッグフードに食物繊維の食材をトッピングして、有害物質を体外へ!

もし体に害のあるものが入ってきたとしても、体内に残留させることなく、全てを体の外へ排出させれば良いのです。
もちろん有害なものを食べさせないのが一番ですが、万が一のときにワンちゃんの体を守ってくれるのが食物繊維です。

 

 

食物繊維は体の中の有害物質を吸着して排出させるスゴイ食材

ドッグフードトッピングするおすすめ食材と調理法を紹介します。

 

大根

血液を粘らせる過剰なタンパク質を分解・消化する夕ンパク分解酵素が含まれています。
その働きで、腎臓のフィルターの目詰まりを取り除いて排尿を促すので、体内の水分バランスも正常にします。
大根には、有益な酵素がたくさん含まれるので積極的に与えましょう。

 

食物繊維も多く便秘にも効果的です。
リグニンという水溶性の食物繊維がガンを抑制します。

 

大根の葉の方にはビタミンやミネラルが多く、特にカルシウムが豊富です。
葉の部分は、油炒めにして与えると、ワンちゃんの皮膚や歯、骨を丈夫にできます。

 

調理法

酵素は熱に弱いので、できるだけ生で食べさせるようにします。
生で食べさせる方法のひとつとして大根おろしがありますが、苦みを消すためにすったリンゴと半々で与えるのも良いです。

 

鉄や銅などの金属に触れると酸化が早まってしますので、プラスチックのすりおろし器を使い、すったら早めに与えましょう。

 

さつまいも

食物繊維が多く、便秘を予防するだけでなくコレステロールや塩分の吸収を抑制します。
また動脈硬化や高血圧の予防にも役立ちます。

 

皮の下にはビタミンCが多いので、皮はむかないで与えます。
カリウム、マグネシウム、カルシウム、燐、鉄、亜鉛なども含んでいます。

 

ワンちゃんは甘いものが大好きですから、さつまいもはワンちゃんの好物です。

 

調理法

バターやマーガリンなどは加えずに、生のまま、あるいは、蒸かす、フライパンで焼くなどして下さい。

 

 

かぼちゃ

ミネラルが豊富で、高血圧の予防にもよく、ガン抑制物質も含まれた長寿のための食材です。

 

カロリーが高く、βカロチンとビタミンCを多く含みます。
そのため、血行を促進し、皮膚や粘膜を丈夫にしてウイルスに負けない体質を作るのに役立ちます。

 

強肝作用もあるため、タンパク質合成能を改善します。
食物繊維も多く便秘にも効果的です。

 

調理法

薄く5o以下にスライスし、レンジでチンしてください。

 

 

 

 

大豆

大豆アレルギーがないことを確認した上で、動物性たんぱく質の代用として使えます。

 

「畑の肉」と言われるほど、理想的なアミノ酸バランスを持っています。
大豆に含まれる大豆イソフラボンは、人間の場合ですが、乳がんや前立腺がんの予防効果があります。

 

調理法

消化が良くないので、納豆として2〜3粒を与えましょう。

 

 

 

 

こんぶ

ミネラルと食物繊維、ビタミンB、甲状腺ホルモンの材料となるヨウ素、そしてアルギン酸を大量に含みます。
アルギニン酸は、体内のカリウムやカルシウムを残し、ナトリウムやコレステロールを体外に排出してくれます。

 

そのほかにも、血球の活性を高め、ガンを抑制する多糖類が多く含まれていますので、毎日与えたいものです。

 

調理法

よく洗って塩分を取り、細かく刻む、しっかり煮るなどして、与えましょう。

 

 

 

 

わかめ

食物繊維とミネラルに富み、こんぶ以上にヨウ素を含んでいます。
アルギニン酸も多いので不要物を体外に排出するのに、とても役立ちます。
ワカメにも、血球の活性を高めガンを抑制する多糖類が含まれています。

 

調理法

効果的に吸収・作用させるために、細かく切り刻んで与えてください。

 

 

 

りんご

食物繊維の補給にとてもよく、便通をよくしてくれます。
また、腸内で善玉菌を増殖させる作用もあるようです。

 

りんごは甘いので、ワンちゃんの大好物のひとつです。

 

調理法

ペクチンは皮に多く含まれていますが、残留農薬のリスクを減らすために必ずよく洗って皮ごと与えてください。

 

 

 

シイタケ、エノキダケ、マイタケ

キノコ類はノンカロリーに近い食品です。
食物繊維も多いため、余分なものを吸着して排出する作用があります。
そのため、血糖値や血中コレステロール値を下げる作用があります。

 

また、キノコ類に介まれる多糖類には、ガンの予防・治療の効果があるという報告が多数あります。

 

シイタケの種類に関しては、生と干しシイタケがありますが、干しシイタケのほうが骨を丈長にするビタミンDを多く含み、貧血を予防するビタミンB12も豊富です。
シイタケに含まれるリグニンには、骨髄における造血作用を促進させたり神経を正常に働かせる作用があります。

 

 

調理法

フードプロセッサーなどで、できるだけ細かく刻んで与えてください。

 

 

繊維質の豊富な食材と調理法の一覧表

食物繊維が多い食材 他の栄養素 調理法
大根 酵素(葉の部分は、ビタミン、ミネラル、カルシウム) 大根おろし(葉の部分は油炒め)
さつまいも ビタミンC、カリウム、マグネシウム、カルシウム、燐、鉄、亜鉛 薄く5o以下にスライスして生、蒸かす、フライパンで焼く
かぼちゃ ミネラル、βカロチン、ビタミンC 薄く5o以下にスライスし、レンジでチン
大豆 アミノ酸 納豆を数粒
こんぶ ミネラルと食物繊維、ビタミンB、ヨウ素、アルギン酸 良く洗って、細かく刻み、生か煮る
わかめ ミネラル、ヨウ素、アルギニン酸 良く洗って、細かく刻み、生か煮る
りんご 善玉菌 よく洗って皮ごとスライス。もしくは、大根おろし器ですりおろす
シイタケ、エノキダケ、マイタケ ビタミンB12、リグニン フードプロセッサーなどで、細かく刻んでふりかけ

 

 

 

まとめ

台所にある食材を、さっとドッグフードにトッピングすれば、食物繊維の力でワンちゃんの健康維持に役立ちます。
ぜひお試しください。

 






一般に市販されているドッグフードには、危険な原材料と添加物が含まれています。
それらを知識を得て、ワンコの健康を守ってあげましょう。


 
サンプルサイト
ドッグフードに使われているタンパク源である肉の種類と栄養素を説明します。
おすすめは、高たんぱくでヘルシーな鹿肉、馬肉、魚肉です。