馬を原料としたドッグフードの効果とおすすめポイント

ドッグフードの原材料には、実にさまざまな食材が使用されています。

 

ワンちゃんには、良質の動物性たんぱく源を含むドッグフードを選んであげるのが最適です。
ここでは、馬肉を原料としたドッグフード効果やアレルギーの可能性について、調べてみたいと思います。

 

馬肉はアレルギーの可能性が低い

最近は、ワンちゃんの健康を第一に考える飼い主さんが増えています。
特に、ワンちゃんは人間より皮膚が薄く敏感なため、食物アレルギーを気にする人は多いのではないでしょうか。

 

小麦などの穀物はアレルギーを起こしやすく、お肉の中でも牛肉はアレルゲンになりやすいといわれています。

 

それに比べ、馬肉を原料としたドッグフードは、アレルギーを起こす可能性は低いといわれています。
なぜならば、馬は他の家畜と違い、成長ホルモンや添加物を混ざった餌は受け付けないため、肉が汚染されていないからです。
また体温が5〜6℃も高く寄生虫が住みにくいのも理由のひとつです。

 

ただし、馬肉でもアレルギーが出てしまうワンちゃんもいますので、万能ではありません。

 

 

馬肉が原料のドッグフードのメリット

馬肉ドッグフードは、健康志向のワンちゃん家たちの間で、今とても注目されています。

 

お肉の中ではダントツの高たんぱく低脂肪で、カルシウムや鉄分も豊富に含まれています。
他にも、ビタミン類亜鉛ベプチド必須脂肪酸など、健康を維持するための栄養素がたっぷり含まれているんです。

 

低カロリーなのに、うまみ成分であるグリコーゲンは牛肉のおよそ3倍で、食欲のないワンちゃんでも喜んで食べてくれることでしょう。
また、馬は元々病気に強い動物で、生で食べられるくらい安全性の高い食材です。

 

馬油の効果で、ワンちゃんの毛並みも良くなるととても評判ですよ。

 

 

馬肉が原料のドッグフードのデメリット

馬肉ドッグフードのデメリットは、流通が少ないため手に入れることが困難なことでしょう。

 

馬を食材にしていない海外の国では生産されないので、販売数が少なくお値段も高めになります。
スーパーでは手に入らないため、ネット購入がおすすめです。

 

また、中には馬肉が体質に合わないワンちゃんもいますので、様子を見ながら食べさせてあげてくださいね。

 

馬肉ドッグフードは、ワンちゃんを腸から健康にして免疫力を高める効果も期待できます。
昔に比べて、病気になるワンちゃんが増えている今こそ、本来必要な栄養素をたっぷり含む馬肉ドッグフードに注目してみてはいかがでしょうか。





一般に市販されているドッグフードには、危険な原材料と添加物が含まれています。
それらを知識を得て、ワンコの健康を守ってあげましょう。


 
サンプルサイト
ドッグフードに使われているタンパク源である肉の種類と栄養素を説明します。
おすすめは、高たんぱくでヘルシーな鹿肉、馬肉、魚肉です。