週刊新潮でも指摘された食べてはいけないペットフードの実名リスト

週刊誌にやっと取り上げられた食べてはいけないペットフード

2018年8月9日の週刊新潮で、「愛犬愛猫が食べてはいけないペットフード」として特集が組まれています。

8月9日号 週刊新潮より出典

 

メッセージとしては、愛すべき家族となったワンちゃんの、その健康の根本となる食事について、世の飼い主さんはどこまで知識を持っているのか?心を砕いているのか?と警鐘を鳴らしています。

 

週刊誌の内容を鵜呑みにすることはありませんが、危険な成分が入っているドッグフードが多い事実は知っておくべきですね。

 

 

以下に週刊新潮「愛犬が食べてはいけないペットフード」の内容を、トイプードルご飯.COMのコメントを付けて抜粋します。

 

 

抜け道だらけのペットフード安全法

じつは2009年まではペットフードに関する国の規制はありませんでした。
あるのはペットフードを作っている会社の自主規制のみ。
つまり自分たちの都合の良いようにやりたい放題だったのです。

 

そうした中で近年のペットブームに押されて、やっと国が重い腰をあげて、2008年に「ペットフード安全法」が成立、2009年に施行されました。
しかし、その内容はというと抜け道だらけのザル法。

 

例えば亜硝酸ナトリウムなどの5つの添加物については、規格や基準があります。
しかし、ペットフード安全法に記載されていない添加物に対する規制はありません。

 

以下、その内容です。

 

環境省 農林水産省より
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/petfood/files/seko_jyokyo_h261030.pdf

 

いいですか?人間に使用が禁じられている毒性の強いベトナム戦争で使われた枯葉剤にはいっていた添加物も、基準を守れば使っていいんですよ?
おまけに成分規格に載っていない添加物は使いたい放題なんです。

 

ちょっと頭を傾げてしまうようなペットフード安全法です。

 

では、日本の「ペットフード安全法」がザルの法律を理解した上で、避けるべき添加物の内容について見ていきましょう。

 

合成着色料の入ったフードを避けるべき理由

合成着色料とは、赤色○号、青色○号、黄色○号などと名付けられた添加物です。
名前のとおり食品に色をつける役目です。

 

合成着色料のなかでも赤色2号、赤色102号、赤色106号は、その毒性の強さからアメリカでは人への食品添加物として認められていません。

 

再び、いいですか?人への食品添加物として認められていない合成着色料がワンちゃんのドッグフードに入っているんですよ?
その悪影響たるや、計り知れません。

 

8月9日号 週刊新潮より出典

 

 

発色剤の入ったフードを避けるべき理由

発色剤とは、亜硝酸ナトリウムに代表される、新鮮な肉色を保つなど、食品の色調改善の役目があります。
この亜硝酸ナトリウムは、発がん性物質であるニトロソ化合物の生成に関与する恐れがある、されています。

 

問題なのは、亜硝酸ナトリウムがペットフードの中に含まれているケースが多いソルビン酸類と結びつくと、ニトロソ系化合物になってしまう事です。
つまり相乗毒性として、発がん性物質が作れらるという事実があります。

 

また再び、いいですか?発がん性物質が作られる相乗毒性がある発色剤がドッグフードに入っているんですよ??
家族同様のワンちゃんが食べてるフードの中にですよ?

 

8月9日号 週刊新潮より出典

 

 

合成着色料と相乗毒性(発色剤)の入ったドッグフード

では、アメリカで使用が禁止されている合成着色料と、亜硝酸ナトリウム+ソルビン酸の相乗毒性を併せ持つドッグフードとは?

 

ドッグフード会社はこれら危険な添加物の使用に関して、「安全法の考えに基づいて商品を製造しているので、ペットの健康に悪影響はないと考えている」との、ありきたりのコメント。

 

またまた再び、いいですか?ペットフード会社の担当者は、自分のペットに食べさせることができるのでしょうか?
もし内容を知っていたら絶対に食べさせないと思います・・・

 

8月9日号 週刊新潮より出典

 

 

日本のペットフード業界が着色料や発色剤を使う理由

では、なぜ日本のドッグフード製造会社がこれらの着色料や発色剤と使うのか?
その理由は、ペットフードにはコストダウンのためにミールや副産物と呼ばれる肉が含まれているから。

 

ミールや副産物とは?

死んだ家畜や食用肉を取り出した残りの内臓や羽根などを加熱し、ひきわり状にしたものです。
普通の肉と違って、色合いが悪く、飼い主に見栄えよく見せるために、着色料や発色剤が添加される

 

安いドッグフードを求める飼い主がいるから、メーカーもコストダウンせざるを得ず、ワンちゃんの健康を害している事実。
喜んでいるのは、病気の犬が増えると儲かる医薬品会社と獣医師会でしょうか?

 

 

これらの添加物が入っているかの見分け方

商品パッケージの裏や横には、「原材料」が記載されています。
ただし、すべての原材料が載っているわけではないので、注意が必要です。

 

全ての原材料は載っていないの?の声が聞こえてきそうですけど、法律上は原材料の多い順(重さ順)に8割載せれば良いのです。

 

やはり「ペットフード安全法」はザル法です。

 

 

まとめ

日本の大会社が製造している国産ドッグフードだから安心!なんて思ってはいけません。
特にホームセンターやコンビニで売られている1,500円/キロ以下のペットフードは要注意です。

 

我々飼い主に出来ることは、出来る限りの情報を集めて精査し、安心安全なドッグフードをワンちゃんに買ってあげることですね。

 

第2弾 週刊新潮食べてはいけないペットフードの実名リスト

 

 

よかったらブックマークをお願いします。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

安心安全な無添加ドッグフードのおすすめを見る

 

もうちょっと詳しくドッグフードに含まれる危険な原材料と添加物を見る

 

 

 

page top