トイプードルのドッグフード選びに役立つ粗悪ドッグフードを避ける方法

最近は癒しを求めてペットを飼う人がとても増えているとよく言われます。

 

特に小さくて賢いトイプードルは、とても人気のあるペットです。

 

大切なペットがいつまでも元気で長生きするために、ドッグフード選びはとても大切です。
でも初めてペットを飼う人の中には、少し注意した方が良いドッグフードがあることを知らない人も多いのではないでしょうか。

 

粗悪なペットフードについて詳しく調べてみましょう。

 

ドックフード選びの中で、どれも同じだからと金額の安いドックフードを買う人もいるようですが、実際には危険

大手メーカーだから安心でもありません。

 

実は有名な大手メーカーのドッグフードにも、粗悪な種類があるのです。
特に国内の安値のドックフードなどは注意が必要です。
危険なドッグフードは、原材料や添加物をきちんと見れば、避けることができます。

 

これらは、ペットショップに普通に売られている大手2社のドッグフードの成分表です。
赤の下線は、危険な原材料や添加物を示しています。

 

大手メーカーでさえ、危険といわれる原材料や添加物が、普通に使われています。
有名ブランドだからといって、安心できないのです。

 

 

ワンちゃんはもともと肉食の動物ですので、穀物とは相性がよくありません。
穀物を食べると、ワンちゃんは消化が悪くなり、アレルギーを起こすこともあります。

 

安いドッグフードは小麦やとうもろこし、豆類といった穀物が多く使われています。
しかし小麦はワンちゃんのアレルギーの原因になりやすいと言われる材料です。

 

さらに穀物の摂りすぎは肥満の原因にもなりますので、関節に負担がかかり、内臓にも影響を及ぼします。
安いドッグフードは人間が食べる部分を除いたあとの小麦やとうもろこしのカスを使い、添加物もたくさん入っている物が多いです。

 

小さいトイプードルが、このように危険な原材料と添加物だらけのドッグフードを毎日食べていると、何かしらの体調不良が起こる可能性は高いといえます。

 

 

大手メーカーはなぜ危険な原材料と添加物を使うのか

ペットにも健康志向が浸透している中、大手のメーカーが粗悪な原材料を使っている原因としてコスト問題があります。

 

大手メーカーほど、たくさん経費がかかってしまいますが、そう簡単に価格へ上乗せはできません。
なぜなら、売り上げダウンにつながってしまいますからね。

 

そのため、コストを下げて利益を出すしかないのです。

 

コストを下げる方法は、安い原材料を使うのが一番手っ取り早い方法です。
しかし、味が落ちたり保存に問題が出てしますので、添加物をたっぷりと入れて、誤魔化すしかありません。

 

ドッグフードに含まれる危険な原材料と添加物

それでは、具体的な原材料と添加物をあげて、その危険性を調べてみましょう。
(各項目をクリックすると詳細に飛びます)

 

原材料 添加物
4Dミート エトキシキン
〇〇肉副産物 亜硝酸ナトリウム
肉粉・ミートミール ブチルヒドロキシアニソール(BHT)
動物性油脂 ジブチルヒドロキシトルエン(BHA)
ビートパルプ プロビレングリコール
ミートボーンミール ソルビン酸カリウム
小麦 (注1) グリシリジン・アンモニエート
 (注2) 没食子酸プロピル
トウモロコシ 合成調味料・香料
大豆 (注3) 赤色3号
赤色105号
砂糖 赤色40号
セルロース 青色102号
ホミニーフィード 青色2号

 


(注1)(注2)(注3)は、粗悪なドッグフードに大量に含まれているため、アレルギーになりやすいと考えられています。
しかし、最近は大麦や玄米、小豆等を使い適切なレシピを用いて、胃腸の調子を整える薬膳効果が注目されています。

 

4Dミート

既に死んでいる肉や病気の肉も使われています。
防腐剤も多く使われ、病気の感染の心配があります。

 

○○肉副産物

骨や内臓など、肉以外の部位が粉末になって混ぜられていて、病気感染の可能性も否定できません。

 

肉粉?ミートミール

血液や毛、皮や羽など、本来なら捨てられる部位を混ぜている、最も粗悪な原材料といえます。

 

動物性油脂

ミートミールから科学的に抽出されている可能性があります。
大量の添加物をコーティングするために使われています。

 

ビートパルプ

砂糖大根の搾りカスで、たくさん含まれている場合、腸の損傷を引き起こす危険があります。

 

ミートボーンミール

ミートミールにさらに骨を混ぜた物で、リンが少なくても4パーセント以上含まれています。

 

小麦

ワンちゃんのアレルギーの原因になりやすい、小麦が使われている場合が多いです。
人間の食用には使えない物が多く使われています。

 

ワンちゃんが食べると血糖値が急速に上がることから、肥満の原因になるといわれています。

 

トウモロコシ

トウモロコシのたんぱく質は、ワンちゃんは50パーセント程度しか消化できないといわれています。

 

大豆

人の食用の残りの搾りカスが使われているため、胃の中で膨らみます。
胃が大きくなる原因になります。

 

ワンちゃんの過度の塩分摂取は、高血圧や腎臓疾患の原因になり危険です。

 

砂糖

糖尿病のリスクが上がる他、たんぱく質やカルシウムの吸収のさまたげにもなります。

 

セルロース

使われているのはピーナツの殻で、腸の損傷や便秘の原因になることもあります。

 

ホミニーフィード

トウモロコシのカスのことで、ワンちゃんにとっては消化吸収がとても悪い材料です。

 

エトキシキン

工業用に使われている、毒性の強い酸化防止剤です。
人の食材や家畜飼料、農薬には使用が禁止されています。

 

亜硝酸ナトリウム

ハムなどにも使われている保存料で、細菌が繁殖するのを防ぎます。

 

ブチルヒドロキシアニソール(BHT)

ラットの実験では、大量に摂取すると発がん性があることが認められている、酸化防止剤です。

 

ジブチルヒドロキシトルエン(BHA)

BHTと併用で使われることが多い酸化防止剤で、遺伝子毒性や奇形が疑われています。

 

プロビレングリコール

殺菌効果のある保湿剤で、少量摂取なら問題ないといわれていますが、使用禁止の国もあります。

 

ソルビン酸カリウム

食品にも使われている防腐剤ですが、遺伝子毒性や染色体異常の危険性もあるといわれています。

 

グリシリジン・アンモニエート

人間の食品には使用禁止されている、安価な甘味料です。

 

没食子酸プロピル

遺伝子毒性や染色体異常の危険がある酸化防止剤で、マウス実験でも毒性が認められています。

 

合成調味料・香料

ドッグフードをワンちゃんの好みにするために、科学的に作られた添加物のことです。

 

赤色3号

エリスロシンといわれる着色料で、発がん性の危険があり、ドイツやアメリカでは使用禁止されています。

 

青色102号

ニューコクシンといわれる着色料で、赤血球を減少させる危険があります。
カナダやベルギーで使用禁止されています。

 

赤色105号

ローズベンガルといわれる着色料で、甲状腺がんの発症の危険があるといわれています。

 

赤色40号

アルラレッドACといわれる着色料で、アメリカでは使用禁止です。
アレルギーの原因、発がん性の危険があります。

 

青色2号

インジゴカルミンといわれる着色料で、発がん性や免疫力低下の危険があります。

 

 

 

まとめ

一般の安いドッグフードには、このような危険な原材料や添加物がいっぱいです。
大切なペットのために飼い主さんができることは、まずドッグフードの成分表をきちんとチェックすることです。

 

そして、1キロあたり1,500円以下の安いドッグフードは選ばないことが、賢明だといえます。






一般に市販されているドッグフードには、危険な原材料と添加物が含まれています。
それらを知識を得て、ワンコの健康を守ってあげましょう。


 
サンプルサイト
ドッグフードに使われているタンパク源である肉の種類と栄養素を説明します。
おすすめは、高たんぱくでヘルシーな鹿肉、馬肉、魚肉です。